Monthly Archives: 5月 2018

自転車がほしいなら!専門店を利用してみよう

Published by:

自転車専門店で探してみよう

自転車をこれまで買ったことがない場合は、ショップ選びから始めることになります。初心者におすすめしたいのが自転車を専門で取り扱うお店です。専門店なのでスタッフは自転車に関する知識が豊富で、最適な一台を探してくれますよ。
また、購入した店舗ならばメンテナンスも会員価格で安く請け負ってくれることも多いです。自転車と長く付き合っていきたいなら、お店と良い関係を築いていきましょう。

どんな自転車専門店があるか

自転車専門店はさまざまな形態が存在します。まず総合自転車店は初心者向けの自転車が多いので、手軽に乗りたい人におすすめですよ。また、総合自転車店はヘルメットなどの用品も豊富に取り扱っています。入りやすい雰囲気の店舗が多いので、自転車の魅力を手軽に感じたいのなら訪れてみましょう。
次に大型スポーツバイクショップは品揃えが充実しています。多くのメーカーの自転車を販売しているので選択肢が豊富です。初級者向けだけでなく上級者向けのパーツなども販売しています。シューズやウェアもサイズや種類が多いため、試着をして自分にぴったりなものを探すことができますよ。
個人単位でしっかりしたサポートを受けたいならば、規模があまり大きくないスポーツバイクショップがおすすめです。初心者向けの練習会などを実施していたり、細かいメンテナンスを行っていることが多いですよ。店員も自転車好きの人が多く、初心者だけでなく上級者にも対応したアドバイスを受けられます。

名古屋の自転車のショップでは色んな自転車が揃っています。買い物に使うものから、長距離を漕ぐことができるロードバイクまで様々あります。

まさに絶海の孤島!南北大東島を巡る、沖縄島めぐりの旅

Published by:

島めぐりの旅のニューフェース!南北大東島

さまざまな楽しみ方ができる沖縄旅行ですが、最近では沖縄本島だけではなく沖縄の離島をめぐるツアーなども注目を集めています。石垣島や宮古島、久米島など人気の島はいくつもありますが、せっかく沖縄の離島をめぐるのならばここ!大東島の島巡りの旅はいかがでしょうか?

大東島って一体どんなところ?

大東島は北大東島、南大東島そして沖大東島からなる諸島です。

他の沖縄の離島とは異なり、沖縄本島の東340kmほどの太平洋のど真ん中に浮かぶ大東島。なんと現在のニューギニア近辺から移動してきた島で、一度も日本列島とはつながったことのない、まさしく絶海の孤島といえる島々なんです。

大東島へのアクセスは週1便か2便の船に乗るか、那覇空港から飛行機に乗って行くかの2つ。船で大東島へと上陸する場合には直接島に上がることができないため、何とクレーンを使って乗客や荷物を島に引っ張り上げます。こんな上陸の仕方ができるのは、数ある沖縄の離島の中でも大東島でだけ味わえる体験です。

アクティビティーやグルメ、魅力一杯の大東島

そんな大東島ですが、島には魅力的なスポットやアクティビティがたくさん!南大東島には、東洋一とも言われる鍾乳洞や地底湖などの神秘的な観光スポットがあり、中心部の湿地帯ではカヤックを使って池の間を渡る「池渡り」が楽しめます。また北大東島は釣りのスポットとして知られる島で、初心者でも大物がゲットできる人気の場所。ナイトウォークツアーでは、大東島にしか生息しないコウモリなどの貴重な生き物を観察することができます。

また、大東島には名物の「大東寿司」をはじめ、マグロやサワラのジャーキーやラム酒のケーキなどグルメも豊富。沖縄の離島の旅をするなら、大東島へ出かけてみるのもアリですよ!

沖縄旅行は、美味しい食べ物やきれいな海、他にはない景観など楽しめる要素がたくさんあります。そのため、旅行先として人気が高いです。

オタクの人たちに絶大な人気を誇るフィギュア

Published by:

色々なお店が誕生している

アニメの世界から3次元の世界に登場したのがフィギュアと呼ばれるものです。いわゆる昔でいうプラモデルにあたりますが、本来なら2次元の世界で終わるものが、3次元になって飛び出してくるわけですから、ファンにとってはたまらないです。このフィギュアの良いところは、立体になっていることはもちろんですが、自分で好きな色に塗ることもできますし、フィギュアによってはポージングも自由自在に変えられることです。ですから、自分好みに仕上げることができ、世界に一つだけのフィギュアが誕生します。ファンにとってはとても大切なものですし、かけがえのないもの、勇気を与えてくれるものと言っても過言ではありません。それだけ最近のフィギュアは多くの人々に夢と希望を与える素晴らしいものとなっています。こうしたフィギュアは専門のお店に行けば購入できますし、インターネット上でもやりとりされています。

世界的にも有名になっています

国産のアニメは世界的にも人気がありますし、アニメの世界から飛び出してきたフィギュアもまた人気です。昔はオタクと呼ばれる人々は日本の人でしたが、今では世界中にオタクと呼ばれる人々が存在し、そして多くの人がフィギュアを愛しています。自分が作ったオリジナルのフィギュアを展示する展示会が開催されたり、いろいろなイベントも開催されています。とても希少価値のあるフィギュアですと、マニアの間では考えられないような高額で取引されることもあって、その金額を見ると多くの人が驚くでしょう。

専門知識を持ったバイヤーがフィギュアの買取査定を行います。お店によって、美少女・特撮ヒーロー・ロボット・怪獣など、得意分野に違いがあります。

島時間の流れる竹富島!おすすめの島の楽しみ方3選

Published by:

水牛の引く牛車でのんびり島旅を楽しもう

八重山諸島の中でも、ひときわのんびりとした時間の流れる竹富島。島全体を一周しても9kmほどの小さな島ですが、沖縄の原風景ともいえる魅力が竹富島にはあります。そんな竹富島の旅を楽しむための3つの方法を今回はご紹介します。

まず竹富島の観光で一番人気なのが、水牛が引く牛車に乗って島を巡る楽しみ方。フェリーで島の港に着くと、水牛の引く牛車が迎えてくれるのでまずはそれに乗ってみましょう。のんびりと島の観光スポットをまわりながら、おじぃが島の案内をしてくれますよ。おじぃの話に耳を傾けながら竹富島の石垣の道をとことことゆっくり進む牛車の旅は、竹富島の島時間を感じるのにはピッタリの楽しみ方だといえるでしょう。

竹富島の楽しみ方はいろいろ!

もうひとつの楽しみ方は、レンタサイクルを借りる方法。

竹富島は、自転車なら一時間もあれば島を一周することができます。自分のペースで島を回ることができ、牛車では行かないような場所にもアクセスすることができるのでおすすめですよ。美しいビーチや牧場など、島のあちこちの風景をサイクリングしながら楽しんでみましょう。

そして本当にゆっくりと竹富島を楽しむのなら、やっぱり歩くのが一番!

港から集落までは歩いても約20分。白い砂が敷かれた竹富島の道を歩いていけば、きっと島ならではの素敵な風景に出会えるはずです。砂浜を散歩して星の砂を探したり、桟橋で海の中の魚を眺めたり、存分に島の時間を満喫してみましょう。ただし、聖域とされているような場所へは立ち入らないようにしてくださいね。

八重山の離島ならではのゆったりとした時間を楽しむことができる竹富島。日頃の忙しさを忘れ、のんびりした島時間を過ごしてみてはいかがですか?

竹富島のツアーは牛車で島を回ることができます。竹富島は珊瑚の土壁や低い屋根など異国情緒あふれる島内の雰囲気や島民の温かいお出迎えが見所です。小さな島ですが、お土産屋もあり満足できる観光ができます。