Daily Archives: 2017年10月29日

紙の本にはない魅力!漫画アプリ特有のいいところ4選!

Published by:

持ち運びが自由!何冊でも好きな場所で読める!

これは言うまでもありませんが、本タイプのマンガを外で読もうと思えば持ち運びが大変です。しかし漫画アプリであれば、スマホひとつでいつでもどこでも自分の好きなタイミングで好きなだけ読むことが可能となります。

タダで読める作品が多数ある!

漫画アプリによって取り扱っている作品は違うものの、どのアプリでも最初から最後まで無料で読める作品がいくつかはあります。また、最初の数話だけ無料といった作品も多く用意されていますので、試し読みして続きを購入するか考えるときにも役に立つといえますね。

週刊誌の好きな作品だけを購入することも可能!

週刊のコミック誌を毎週欠かさず購入している人の中で、連載されているすべての作品を毎週欠かさず読んでいるといった人は限られます。どちらかといえば、いくつかのお気に入り作品をいち早く読むために購入している人の方が多いでしょう。そうなると、単純に「もったいない」という問題が発生してしまいます。しかし漫画アプリであれば、自分の読みたい作品だけを週ごとに個別で購入することも可能なのです。これは節約にもつながりますし、とても大きなメリットだといえますよね。

アプリで読めば物(本)が増えない!

一冊であれば大して場所をとりませんが、何十冊もあるシリーズを全巻購入するとなると話は別で、それなりの置き場所が必要になってきます。しかし漫画アプリで読めばいくら読んでも部屋の中に本が増えることがないため、置き場所を心配することなく好きなだけ読むことが可能です。「漫画が増えてきたから本棚を買わなくちゃ」というような余計な出費も節約できますね。

orangeの漫画はとても人気が高く、愛読者は多いです。電子書籍を利用すれば、いつでも気軽にスマホで読むことができます。

ピアノにはいくつか種類がある!その違いは?

Published by:

グランドピアノの特徴は?

グランドピアノというのは、コンサートなどで使われる、大きい本格的なピアノの事です。特徴はダイナミックレンジが広い事ですね。グランドピアノにはハンマーがついていて、鍵盤を押すとそのハンマーが動き音が出るという仕組みです。力が一方向に伝わるので、アップライトピアノなどに比べると、打弦エネルギーが大きくなります。このハンマーは、自分の力で元に戻るため、次の打弦が非常に早くトリルなどの奏法がしやすいという特徴もありますね。ただし、グランドピアノは構造も複雑なため、調整箇所が多く管理が難しいという側面もあります。また音が非常に大きく、一般的な家庭では扱いが難しく、購入する場合には慎重に検討する方が良いでしょう。

スタンドピアノの特徴は?

スタンドピアノというのは、電子ピアノやアップライトピアノの事を指します。アップライトピアノは、グランドピアノとは違い鍵盤とハンマーが同一方向ではないため、ダイナミックレンジが多少狭くなってしまいます。しかし、グランドピアノよりは小さく、管理も楽なため一般的な家庭では練習用に良く使われていますね。また、電子ピアノの場合は、音量調整がボリュームで気軽にできるので、こちらも練習用には向いています。調律も必要ないため、定期的にメンテナンスする必要のなく、管理が楽というのもメリットですね。鍵盤を押す感覚は、グランドピアノとスタンドピアノで違いがあるため、本格的な練習をしたいなら、なるべくグランドピアノのタッチに近い物を選ぶと良いでしょう。

スタインウェイは1853年に設立されたアメリカのピアノメーカーです。職人の手で丁寧に仕上げられたピアノはそれ自体が芸術品でもあり、多くのピアニストに、最高の表現を可能にする逸品として支持されています。

オーボエの音色の魅力と演奏の難しさについて

Published by:

世界一難しい木管楽器

オーボエは音程が不安定になりやすい楽器で、その原因は楽器としての構造にあります。円錐形の形をしているので、高音になるほどに息の通りが悪くなり、吹き込む圧力が必要になります。その為、高音を出すことは相当ハードな作業になります。肺活量が必要というよりも、息を吹き出す力が必要な楽器なので、力が足りないと音程が不安定になってしまうわけです。オーボエ奏者の苦労のひとつはリード作りにあり、安定した音を出すには良いリードが不可欠です。リードの値段としても、一本当たり2~3千円とけして安いものではありません。そして、オーボエが上達するには何十何百のリードが必要となります。そうした繊細さが、「世界一難しい木管楽器」と称される理由のひとつです。

ダブルリードが音色の要

オーボエで使われるリードは、乾燥させた葦を削って作られています。クラリネットやサックスは1枚のシングルリードになっていますが、オーボエの場合は2枚を重ねたダブルリードになっています。このダブルリードがオーボエの音色の要なわけです。オーボエの名前の由来は、フランス語の「高い木」で高音の木管楽器を意味しています。13世紀後期ごろにヨーロッパで登場した「ショーム」という木管楽器が進化して、現在のカタチになりました。当時はキーがない楽器で、リコーダーのように穴を押さえる方式でした。それが19世紀にはいると、システムの機械化が進んだことにより、現代のコンセルバトワール式が開発されたわけです。

オーケストラにおいて、オーボエは重要な役割を果たす木管楽器です。しばしばソロを演奏することもあるほど大切な位置づけです。