電動工具を使ってDIY!工具にはどんな種類がある?

材料をカットするのに必須の切断工具!

DIYをする時に、電動工具があると便利ですが、中でも良く使うのが切断工具ではないでしょうか。切断工具といっても、色々な種類があります。

まず、良く使われるのがジグソーです。これは、細い棒状のブレードがついている電動工具で、それが上下に動き物を切断する事ができます。ブレードが垂直に差し込めるようになっているので、非常に小回りがききます。曲線に物を切りたい、窓抜きカットがしたいなど、細かな作業に向いた電動工具ですね。

もう一つ良く使われるのが、電動丸ノコです。これは、円盤状のブレードがついていて、それを回転させて物を切断する事ができます。ジグソーに比べると非常にパワフルで、切り口も非常に綺麗に仕上がります。どちらかというと、細かい作業ではなく、単純に物を切りたいという時に向いていますよ。

一つあると便利な電動ドリル系工具

DIYをする時に、穴を開けたりネジを開け閉めする作業は良く行います。これを手軽にしてくれるのが、電動ドリル系の工具です。

穴あけやネジ締めをする時に便利なのが、ドライバドリルと言われる物ですね。木材や金属に対して、穴を開けたりネジを閉めたりする事ができます。普通のドライバではなかなかできない、硬い材質に対しても楽に作業ができるので、一つ持っておくと非常に便利です。

インパクトドライバドリルは、さらにパワフルなドリルです。太ネジや長ネジにも対応し、回転運動だけでなく、インパクトを与える事ができるので、作業効率が一気に高まります。

もしコンクリートなどに穴を開けたいなら、振動ドリルやハンマードリルがおすすめです。回転運動に加えて、打撃も合わせて行う事で、強固なコンクリートでもしっかりと穴が開けられます。

電動工具の買取を希望しているなら、事前に見積もりを申し込むことが大事です。見積もりは無料ですし、ホームページから依頼することも可能です。