車に詳しくなくても大丈夫!車検の業者と特徴

ディーラーで受ける車検

ディーラー車検は車のメーカーの店舗で受ける車検のことですが、一番の魅力は、知識や経験が豊富な整備士がいて、設備が充実していることです。また、部品交換が必要になったときに早く対応してもらえることもディーラーならではのメリットです。しかし、少しの劣化でも部品の交換を勧められることがあり、思っていたよりも費用が多くかかってしまうことがあります。

民間整備工場で受ける車検

民間整備工場は個人が営む整備工場で、指定工場と認定工場があります。工場によっては、経験豊富なベテラン整備士がいるところもあり、安心して車検を受けることができます。また、修理が必要になっても、リサイクルパーツを利用してもらえる工場もあり、ディーラーよりも費用を抑えたい人にはおすすめです。ただし、工場によって整備士の質や設備に差があるので、自分にあった工場を見つけることが難しいといったデメリットもあります。

カー用品店で受ける車検

設備はディーラーや工場よりも劣りますが、気軽に車検を受けられる上に、割引や特典が付くのがカー用品店です。土日も営業しているので、仕事で忙しい人にもおすすめです。最近では休憩スペースが充実しているお店が多く、女性でも気軽に行くことができるでしょう。

ガソリンスタンドで受ける車検

ガソリンスタンドには会員割引などもあり、費用を抑えて必要最低限の車検を受けることができます。ただし、技術力も整備力もお店によってバラツキがあるので注意しなければいけません。最近は設備がちゃんとしていて、資格を持った国家整備士がいるスタンドも多いのでチラシなどをチェックしてみると良いでしょう。それぞれメリットデメリットがありますが、自分に合った車検業者を選んでみましょう。

車検を軽自動車で申し込みたいなら、専門の業者を比較することがコツです。まずは見積もりを依頼して、費用や納期を確認しましょう。